夏休み~子供達に自然と文化を~
新潟県魚沼市須原に、”絵本の家 ゆきぼうし”がある。

以前、守門村(良い名ですよね~)と、呼ばれたこの小さな山里に元教員の大塚夫妻がつくられたこの家、だれでも無料で入れて、思う存分、絵本を読むと事ができる施設だ。

大塚夫妻はかねてより、~子供達に自然と、文化を~とおっしゃっていて、退職後新潟市からこの地へと移り、自費でこの施設をつくられた。
c0104321_12521233.gif



その後、賛同されたかたがたと、ご夫妻で運営されていて、冬には裏にある”フーの木の森”になが~いソリですべれるコースをつくったり、巨大なカマクラをつくったり、雪灯籠のささやかなイベントも合ったりする。(フーの木の森には圧倒的な自然がある)
そして夏には、”絵本村

と、題して近くの施設で1000冊の絵本が自由によめたり、”ゆきぼうし”にあった本など、10円から50円で販売、そしてその施設のとなりには、ふわふわドームなどがある小さな公園もあるので、お近くにいかれたちょっと、よってみるのもいいのでは?

*”絵本村”は8月4日~8月12日までですが、”ゆきぼうし”は一年を通して運営されています。大塚夫妻がお隣に建つ家”大塚山荘”(以前は夏休みに泊まりがけの自然教室などもされていました)に住んでられるので、声をかけると案内してくださいますよ。
[PR]
by minnano-b | 2007-07-26 22:18
<< こんなカンジです。 祝 上棟! >>
アクセス解析